チームフォトコンの皆さまへ

レタッチプリントについて

データを持ち込んで頂き、その中から「対コンテスト」向きな作品を選び、レタッチしてプリントするのがレタッチプリントです。

その中で、設定値からアドバイスなども行っています。

もちろん、レタッチがうまい人や「自分の写真」が決まっている人には無用なサービスです。

・レタッチプリントの対象サイズは、本来はA4サイズ以上です
・プリント料金+レタッチ料金(1枚1000円が目安)の両方が必要です

 

写真保管サービスについて

ぱんだりの会社では、上記レタッチしたプリントについて保管しておくサービスがあります。

※レタッチデータは基本的にお渡しいたしません。有料200円(税別)でお渡し。

費用(税別)

1年間とは、5月から翌年4月までを1年間。

年間6000円

初年度は入会金1000円が必要。

年度途中での入会は、入会月の翌月から月割で計算。

(例:12月入会なら、1月~4月までの500円×4か月が年会費用+入会金1000円)

内容

・基本的に300dpi W四切で原稿を作成します。(PSD形式。書き出しはjpg書き出し)

・レタッチしたデータは基本的に4重(実際は5重)でバックアップされます。

・ファイル名は変名されます。

YYYYMMDDNNの10桁の数字で保管されます。(西暦日付8桁+連番2桁)

※写真注文時は、この番号で注文することも可能です。

EXIF情報は消えてしまいますので、各自管理が必要です。←大きなデメリット

通常のプリントの流れ

通常は、このような流れになります。

※実際には、もう少し細かな流れにはなりますが。

ちゃんとした箱を使用して、ヤマト便で追跡をつけるのが通常の大判サイズの流れです。

ただ、費用面を安くしたい、リスクは背負っても構わないという場合は、定形外規格外郵便での送付も可能です。(先入金のみ)

定形郵便物・定形外郵便物の料金 - 日本郵便
手紙(定形・定形外郵便物)についてのサイズ・重さ・料金などの情報を掲載しています。

応募代行サービス(三誌のみ)

ぱんだりの会社にて、「フォトコン」「日本カメラ」「アサヒカメラ」の三誌はまとめて応募することができます。その分、片道送料が税別100円と安くなっています。

一部部門(ビギナーではフォトコンのみ)では返却も可能です。

・フォトコンに応募する場合に返却希望 … 往復送料 200円(税別)
・それ以外の場合 … 片道送料 100円(税別)

応募サイズについて

フォトコンテストでは、応募規定サイズの最大で応募するのがセオリーです。

しかし、ビギナー部門については、2Lサイズ(プリント代1枚100円+税)で統一する方が良いかもしれません。(その分、数を稼いだり、継続する方に力を入れた方が良いです)

チームフォトコン特典(データ保管サービス加入の場合)

どれか一つビギナー部門を卒業するまでは、以下の料金を勝手に無料にしちゃいます。

応募票作成代行手数料(1点100円or300円)、雑誌応募プリント用封筒(写真1枚あたり10円)

画像保管サービスと併用した便利な使い方

応募しても入賞しなかった写真は、別の雑誌に応募することができます。

その際に、1からファイルを送らなくても、ファイル名を指定するだけで可能です。

※EXIF情報はいただかなければいけませんが。

※特に、秋にあるフジコンへ挑戦するときに、非常に便利です。

(1年間まとまった中で、入らなかったものを番号で指定が可能なので。)

応募代行に必要な情報

郵便番号・ご住所・年齢(生年月日)・氏名・氏名フリガナ・電話番号・ご職業は必須です。

また、ペンネームも雑誌によっては可能です。ペンネームご希望の場合はその旨も事前にお知らせください。

ご入金方法

雑誌応募のみの場合は、納品物がないため代金引換が使えません。

そのため、銀行振り込みでの対応となります。

その都度 銀行振り込み (振込手数料がかからない場合におススメ)

ネットバンキングなどで、振込手数料がかからない場合は、おススメです。

プリペイド式 銀行振り込み

一定額を銀行振り込みで事前にご購入いただき、皆さまと金額の推移を共有します。

振込手数料がかかる場合に、振込回数を減らしたい場合におススメです。

※5月になると6600円(税込)が発生しますので、金額にご注意ください。

 

タイトルとURLをコピーしました